« セミの脱皮 | トップページ | ちょっと気になった看板類(109) »

2019年・クモの観察ノート(7)

ハエトリグモは私の机の周りや壁を歩いていて、珍しくありません。風呂場にも入り込んでいました。そのままにしておくと死ぬ可能性があるので、外に出してやりました。

珍しくはありませんが、あの大きな目を写真に収めたいとつねづね思っています。畳の上を歩いているハエトリグモをねらいました。

Rimg7882 Rimg7872

2019年4月1日撮影

ある会議に呼ばれて参加したら机の上に小さな小さなハエトリグモがいました。近くにあったビニール袋に入れて持ちかえり、箱の中に入れて撮影しました。大きさを確認するため定規といっしょに写しこみました。体長は2ミリ、体幅は1ミリです。それでも大きな目は写っています。

Rimg8470 Rimg8471
7月17日撮影。写真1枚目は左が頭

*下段の小さなクモをハエトリグモと断定していますが、身体の模様からアシダカグモの幼生の可能性があります。クモの種類については保留します。2019年8月6日。

前回、「2019年・クモの観察ノート(6)」

|

« セミの脱皮 | トップページ | ちょっと気になった看板類(109) »

クモの観察ノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セミの脱皮 | トップページ | ちょっと気になった看板類(109) »