« 正装ハクセキレイ | トップページ | タイザンボクの花 »

2020年・クモの観察ノート(4)

今年は春になってもジョロウグモの幼生を見ませんでした。妻がサンゴジュに弱い消毒液をかけたと言っていたので、そのせいかと思っていました。そのかわり庭には何匹かゴミグモがいました。

6月の中旬になってやっとジョロウグモが網を張っているのを目にしました。一安心です。

Rimg9622 Rimg9761Rimg9793
5月12日、5月3日、6月12日撮影。3枚目は腹側から

それぞれ別のジョロウグモです。まだ身体は丸みをおびていて、体長は2から3ミリ。

数年前の記録を見ると、孵化したばかりの赤ちゃんを撮影したのは4月の13日でした。今年は約2ヵ月遅れています。ただ、これは我が家の庭と中央公園での観察です。5月7日にはうきは市でかなり成長したジョロウグモを見ています。

前回、「2020年・クモの観察ノート(3)」

|

« 正装ハクセキレイ | トップページ | タイザンボクの花 »

クモの観察ノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正装ハクセキレイ | トップページ | タイザンボクの花 »