« 百田尚樹著『幻庵』を読む | トップページ | 宮崎駿監督作品「風の谷のナウシカ」を鑑賞 »

広島のがんす言葉

私は大学生時代に広島県安佐郡佐東町(現在広島市安佐南区)に下宿していました。下宿先のおばあさんは生粋の広島人で、がんす言葉を使っていました。「今日は暑うがんすな-」とか。話しているのを聞くと意味はわかりますが、今ではなかなか例文を作ることができません。

がんすを使った言葉遊びがあります。意味を考えてみてください。

かべの がんせんぼう にゃ
ちょうもんが がんすか がんせんか
がんしゃ がんすと はなしが がんしょうが
がんせんけえ
がんせんので がんしょうて

これが全部わかれば、広島人検定でいい点がとれます。

|

« 百田尚樹著『幻庵』を読む | トップページ | 宮崎駿監督作品「風の谷のナウシカ」を鑑賞 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 百田尚樹著『幻庵』を読む | トップページ | 宮崎駿監督作品「風の谷のナウシカ」を鑑賞 »