身近な野鳥

優美サギ

以前、アマサギを撮影した場所に行って見ました。農家の人が耕運機で作業をしているところに数羽のアマサギが餌を漁っていました。今回はすでに田植えが終わっていたので、アマサギには出会えませんでした。かわりに白いサギが一羽いました。

Img_95852
Img_9581
Img_95862
2020年6月20日撮影

コサギではありません。チュウサギかダイサギだと思われます。タイトルはサギとしました。区別のポイントは目の付近の特徴にあるようです。

| | コメント (0)

成長したマガモの子ガモ

野鳥に関心を持っている友人が、「中央公園の子ガモが大きくなっている」と教えてくれました。さっそくカメラをもって行きました。3週間あまりで4羽の子ガモはぐんと成長していました。

Img_96002

2010年6月20日撮影

夕方6時前で暗い水路にいたので写真はいまいちです。前回(5月25日、27日撮影)の「親子マガモ」と較べてみてください。

| | コメント (0)

正装ハクセキレイ

水路の脇に座ってカモの親子をうまく撮ろうと待っている間に、ハクセキレイがやってきました。おしゃれに正装しているようです。

Img_95053

2010年5月27日撮影

ハクセキレイとセグロセキレイはよく似ています。私は区別するために短歌を作っています。

顔を見よハクセキレイに過眼線セグロセキレイ白い眉斑

| | コメント (0)

親子マガモ

野鳥に関心を持っている友人から「中央公園の水路にマガモの親子がいる」と教えてもらったので、さっそくカメラを持って行きました。親ガモと4羽の子ガモ泳いだり、岸を歩いたりしていました。親ガモは子ガモを見つつ、周りにも気を配っていました。コガモは泳ぎまわったり、水にもぐったりして一時もじっとしていません。

Img_9347 Img_9333 Img_9342 Img_9343 Img_9538

1枚目から4枚目は2010年5月25日、5枚目は27日撮影

インターネット情報によると、「カルガモの雛には目の部分の黒い線の下には何もないが、マガモの雛には目の部分の黒い線の下に黒い斑点がある」とあります。私の撮影した子ガモには4羽とも過眼線の下に黒い斑点があります。

5枚目の写真ですが、4羽がそろって顔を上げるまで30回はシャッターを切りました。苦労の一枚です。

| | コメント (0)

幼鳥すずめ

朝、台所の外でスズメが鳴いていました。そっと窓を開けてみると隣家のガレージ屋根に2羽とまってました。カメラを持ってきて撮影しました。朝日を浴びて日向ぼっこでもしていたのでしょうか。

 

Img_93142Img_93062
2010年5月23日撮影

写真を見るとまだ幼鳥のようです。手前のスズメのくちばしにはまだ幼さが残っています。まだ眠いのか、2羽とも目をつぶっている姿も写っています。

 

| | コメント (0)

頻客スズメ

庭に餌をやっているので、スズメは数羽から多いときには20羽やってきます。スズメは用心深く、カーテンをちょっと動かしただけで、すぐ飛び立っていきます。毎日見るのになかなか撮影できません。

Img_9243 Img_9246 Img_9258
2020年5月9日撮影。1枚目、2枚目は同じスズメ。3枚目は尾が短い、幼鳥か

どうしてもスズメを撮りたいと、窓とカーテンを少し開けてこちらの動きを悟られないように三脚を構えて待ちました。待つこと20分、やっと撮影することができました。待っている間は詰碁の問題を解いていました。

| | コメント (0)

独遊ツグミ

先日、ナンジャモンジャの並木があることを聞いてうきは市に行きました。たしかに10数本のナンジャモンジャが道路沿いにありましたが、1、2本しか開花していませんでした。ちょっと早かったようです。近くでツグミを見かけました。

Img_9175

2020年4月21日撮影

私が近づくとツグミはその分だけ逃げていきます。なかなか撮影距離を縮めることができませんでした。ツグミはよく群れていますが、この日は2羽しかいませんでした。

うきは市は柿の産地です。至る所に柿園があり、柿の葉の新緑がきれいでした。

Img_9206

農園の柿の若葉はコロナ禍を知らずそよげり春風のなか

| | コメント (0)

花中ヒヨドリ

桜の花が満開になっているだろうと近くの公園に行きました。ヒヨドリが大きな声で鳴いていました。シャッターを切ったらばっちり焦点が合っていました。

Img_9122
2020年3月29日撮影


我が家の庭にも桜が咲いていてヒヨドリもきますが、なかなかチャンスがつかめないでいました。

| | コメント (0)

鷹揚シロハラ

我が家の庭にはシロハラもやってきます。スズメにやっている餌をたべたり、メジロやヒヨドリのためにやっているみかんを食べたりしています。おとなしい鳥でなので、スズメも怖がらずに並んで餌をつついています。来るときはいつも1羽です。

桜が満開になっているだろうと近くの公園に行きました。シロハラが芝生をつついていました。

Img_9081 Img_9151
1枚目は我が家の庭で、2020年3月7日撮影、2枚目は公園で、3月29日撮影委

スズメ、メジロ、ヒヨドリ、シロハラは我が家の常連です。

| | コメント (0)

茫待ヒヨドリ

今シーズンはヒヨドリはあまり姿を見せませんでした。3月になって来るようになりました。昨年のヒヨドリは餌場を忘れてしまったのか。

Img_9046

2020年3月3日撮影

ヒヨドリはキーと鳴いて縄張りを主張し姿も精悍ですが、写真のヒヨドリ老鳥に見えます。

蜜柑待つひよどり一羽冬の朝からだを丸めつくねんと座す

| | コメント (0)

より以前の記事一覧